筋トレ時は「シューズ派」か「裸足派」か?筋肉おやじはもちろん「裸足派」だ!

筋トレの極意
あのシュワちゃんもスクワットは必ず裸足で行っていたのを知っているか!
記事内に広告が含まれています。

 申し訳ない。ジムに通っている人は選択の余地がないだろう。おそらくシューズを履いていないとトレーナーやオーナーにこっぴどく怒られるはずだ。「危ないからシューズを履いてください」って。

 まあ、そうだろう。不特定多数のトレーニーが使用する環境では、何が落ちているかわからないし、それよりも何よりも重いプレートやダンベルが落ちてきたらケガをするリスクがある。そんな無用な責任を負わされたらジム経営者はたまったものではない。

その点、ホームトレーニングでは選択の余地がある!

シューズ派か裸足派か?

 タイトルで明かしたように、筋肉おやじは「裸足派」だちなみに、シューズを持っていないわけではない。サラリーマン時代に海外出張に行くときなんかは、海外の宿泊先ホテルのジム(だいだい完備されていた。宿泊者はもちろん無料で使用できる)に行く可能性を鑑みて、毎回密かにシューズもスーツケースに詰め込んでいた(下記ブログ参照)!

>>日本人はパワーがない?そんなことは1㎜も感じたことはない・・・

 だが、ホームトレーニングではシューズを履くことはまずない。寒い季節に最初のウォーミングアップで履くくらいだ。

なぜ裸足?

 シューズ派の人は裸足でトレーニングしたことは全くないだろうか?一度裸足でトレーニングしてみると、裸足の良さがわかるのではないだろうか?

 ただし、裸足の良さがわかる人はある程度の筋トレ経験がある人に限られるかもしれない。初心者はシューズの弾力に頼っていたり、そもそも足裏の感覚が鈍いだろうから、逆に不安定になって動きにくいと感じるかもしれない。

 裸足の良さはスクワットをやっている時が最もわかり易いだろう。シューズを履いた状態で高重量のバーベルスクワットをやると、シューズ底のゴムがつぶれるのでバランスがとり難い。ボトムから立ち上がるときに力が逃げていくような気がするのだ。足首の柔軟性が高い人は特にそう感じると思う。

 なので、スクワットのボトムでヒール(かかと)が浮かないほどの足首の柔軟性がある人は、裸足の方がいいだろう。ちなみに、ヒールが浮く人でもプレートをヒール下に置くと改善される。

 あのシュワちゃんもスクワットは好んで裸足で行っていたことは、筋トレマニアを自称するなら知っておくべきだろう!

シュワルツェネッガーのトレーニング
引用:アイアンマン増刊号IM-3 スクワットに限らず、シュワちゃんのトレーニングシーンはほとんどが裸足である。ここに意味があることに気づいている日本人は何人いるのだろう?
アイアンマン増刊増
筋肉おやじのトレーニングバイブル。IM-1~4巻で全トレーニングメニューと当時の理論的な研究成果が詰め込まれている。すでに他界したボディービルダーの現役バリバリのトレーニングシーンも多数掲載されており、何度読み直しても飽きることがない最高傑作の4巻だ!

 尚、シュワちゃんに限らず筋肉おやじのトレーニングバイブルを紹介しよう最近の筋トレブームで筋トレにはまった人は、この本の存在すら知らないのではないだろうか?

 ボディービルの起源であるカリフォルニア州のベニスビーチ(通称マッスルビーチ)の歴史や過去の有名なボディービルダーのトレーニングシーンやトレーニングエピソードとともに、それぞれのトレーニングメニューが余すことなく掲載されている。

 また、当時の理論的な研究成果も掲載されており、マニアは必ず全4巻揃えたくなるシロモノだ!残念ながらすでに亡くなってしまったボディービルダーも多数掲載されており、これを読むたびに筋肉おやじは感慨にふけってしまう。。。

 もう増刷していないようなので、間もなく在庫がなくなり次第入手できなくなるだろう。

 調べてみたところ、下記楽天にはまだ4巻全て在庫があるようだ。

 アマゾンには残念ながらIM-3,4しか残っていないようだ。

 つい熱くなって話がだいぶ飛んでしまったが、ウエイトリフティングの選手が専用のシューズを履いているのはもちろん知っている。このシューズの特徴はかかとが木のように硬く、弾力が極めて低い。しかも重くて安定感がある。このようなスクワット専用タイプならばスクワットに対してはアリだろう。

Amazon ウエイトリフティングシューズ

Yahoo ウエイトリフティングシューズ

楽天 ウエイトリフティングシューズ

 スクワット以外の種目についても断然裸足の方がいいと感じる。ブルガリアンスクワット、カーフレイズ等の脚トレはもちろん、スタンディングダンベルカール等、立位で行う上半身の種目も裸足の方が安定する気がするのだ。

裸足のすすめ

 個人的な見解であるが、裸足の方が安定する感覚があるのは足指の関与が関係していると想像する。よく大相撲の世界で「足の指で砂をかんで踏ん張る」というようなことをTVかなんかで聞いたことないだろうか?

 筋トレ中も同じだと思う。裸足だと5本の指全てを使って踏ん張ることができるのだ。ちなみに私は若い頃空手をやっていたのだが、足技を磨くために足の指先まで神経をとがらせるような鍛錬を普段から好んでやっていた。

 何をやっていたかというと、足の親指と薬指でビー玉や小石を挟んで投げるのである。その他にも、指を上下左右に自在に動かしたり指の間隔を広げたりと、とにかく指先の神経が発達するようなことをやっていた。そうすることにより、足先までセンサーがついているような感覚になり、的確に相手を狙うことができるようになった気がする。

 以上のようなことはシューズを履いていたらできない。シューズを好んで履くことは足指の神経や機能を退化させる原因になりうるのはないかと危惧しているのは私だけだろうか!

まとめ

 今回は、ちょっとマニアックな「裸足」で行う筋トレについて持論を展開してみた。ふだんあまり意識されないところだと思うが、実はとても重要なことなのではないかと思っている。

 筋トレは筋肉だけつければいいということではないだろう。まあ、ス●●●ドを使うような人もいるので、なかにはそういう人もいるかもしれないが、ほとんどの人は見た目の改善に加えて、日常生活の質のバージョンアップも狙っているはずだ。

 現代人は足の指を使うことがどんどん減っていると思う。手の指同様、足の指も脳神経の維持・発達には欠かせないはずである。

 ホームトレーニーは是非積極的に裸足で筋トレしてみてほしいバランス感覚を養うトレーニングにもなるはずだ。まあ、お気に入りのシューズを履かないとモチベーションが上がらないという初心者は、そっちを優先した方がいいかもだが。。。

 ジム通いの人もジム以外でできるだけ足指を使うような習慣をつけるといいだろう。今まで気づかなかったような効果が得られるかもしなれないぞ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました