登山に「軽量でコンパクトな折りたたみ椅子」を持っていくのはアリだ!

4.5
登山
登山に折りたたみ椅子を持っていったら思いのほか便利だった!
記事内に広告が含まれています。

 皆さんは登山に椅子を持っていくだろうか?山ではあまり見かけないような気がするので、まだ多数派ではないかもしれない。

 私も登山に椅子なんぞ必要ないと思っていた。。。最近までは。。。

 が、試しに軽量折りたたみ椅子を持っていったら、、、思いのほか便利であることに気づいてしまった。

 本ブログでは登山に軽量でコンパクトな折りたたみ椅子を持っていくことのメリットについて紹介する。

Yahooショッピングはこちら↓

折りたたみ椅子

折りたたみ椅子購入の経緯

 別ブログでも書いたように、最近は若い頃と違ってのんびり登山を楽しんでいる。

 頂上でなくても景色のいいところがあれば、ゆっくりと時間を使うことが多い。こんな時にちょうどいい高さの岩や倒木等があれば、チョット座るのに良いのだが、そうそうあるとは限らない。

 そもそもそういうポジションは先客がいることが多い。

 なので、結局はザックの上に座ることになる。

 この場合、テント泊などの重装備だとザックも膨らんでいるので、ちょうどいい高さになるのだが、日帰り程度の装備だとペシャンコで、椅子代わりの高さにならない。せいぜい尻が汚れない程度の代用物にしかならない。

 また、ザックの上に座るとチョットした入用なものを取り出すときに、いちいち態勢を整え直さなければならないので、ゆっくりできないのもなんだが煩わしい。

 ということで、試しに折りたたみ椅子でも購入してみようと思ったわけである。もしも役に立ちそうになければ庭のデッキで軽食する時にも使えばいい。

 購入の前提条件としては以下を考えた。

登山携帯用椅子購入の条件

  1. 耐荷重が高い(最低80㎏以上、できれば100㎏程度)
  2. 軽量でコンパクトな折りたたみタイプ
  3. 価格

 何といっても私は82㎏前後の重量級なので、①の耐荷重は絶対に譲れない。

 実は以前キャンプの時に、耐荷重50㎏の極小椅子に座っていて、突然バキッと壊れて尻もちをつき、周りから失笑をかわれたことがある。

 座面に全体重がかかるわけではないので、80㎏以上あれば問題ないと思うが、当然数値が高い方が安心だ。

 ちなみに、耐荷重表示がないメーカーは、メーカー側がまともに耐久試験をしていないか、保証する自信がない証拠でありその時点で購入候補に入ることはない!

 ということで、色々調査して選んだのが下記の商品だ。

Yahooショッピングはこちら↓

折りたたみ椅子

 なかなか耐荷重他条件を満額クリアーできる商品がなかったのだが、なんとかこの商品にたどり着いたので、早速購入してみた。

折りたたみ椅子使用リポート

 下記が商品写真だ。まず何といっても軽量でコンパクトである。収納は25cmくらいで、重さはたったの280gだ。

 展開の仕方が独特で非常によく考えられている。色が数種類から選べるところもGood!私は迷わずレッドを選んだ。

 尚、この椅子は展開する時は適当に触っていれば勝手に展開していくので問題ないが、収納する時は最初2回くらい慣れが必要だろう。

 ただ、これも理屈が分かれば簡単だ。すぐに数秒程度で収納できるようになる。

登山用の軽量いす
収納状態。収納袋が付属しており便利だ。ザックのポケットや隙間に収まる
登山用の軽量いす
収納袋から出した状態。うまく折りたためられている
登山用の軽量いす
一度ひねって展開
登山用の軽量いす
パイプ内のゴムにより、勝手に展開されるような力が働くので自然に組み立てられるだろう
登山用の軽量いす
完了。なかなかいい
登山用の軽量いす
重量級の筋肉おやじが座ってもビクともしない!

 最も心配していた耐荷重についてはこの商品はなんと100㎏だ。本当かどうか確かめるために、入手後すぐに雑に座って確かめてみたのだが、この形状にしては実に安定感があり、全く問題なかった。

 最近の低山登山では毎回お供として使用しているが、期待以上のいい仕事をしている。

 まず地面の状況によらず、どこでも座れるのがいい。雨上がりのぬかるんだ状態でもそこまで気を使う必要がない。

 また、高さがあるので地べたに座るよりもなにかと作業性がいいし、山ご飯も食べやすい。ザックはそばに置いておけばいいので、ザック内からものを取り出すときもアクセスしやすい。

 また、この椅子を持って行くようになって気づいたのだが、これまではザックの上に座ることが多かったので、下山した後ザックに泥汚れがついていることが多かった。

 だが、この椅子を持っていくようになってからは、ザックの汚れが明らかに減った。なので、帰宅したあとのザックのメンテナンスがとても楽になった。

 これは思わぬメリットだった。

最後に

 やはり人は「自分で経験したこともないことについて、先入観でとやかく批判」してはいけない。いわゆる「食わず嫌い」ってやつだ。

 私も登山用の椅子については完全にそうであった。

 使ってみたらその良さに気づいた。まあ、絶対に必要かといわれれば必要ではないかもだが、あれば間違いなく便利な商品だと思う。

 特に荷物の量を気にする必要がない日帰り低山ハイクなんかは、絶対にアリだ!

 登山が趣味の方、是非お試しあれ!

筋肉おやじ
筋肉おやじ

登山初心者でこれから趣味として定着するかわからない?って方は、最初は下記の道具レンタル屋を利用してみるのもいいかもしれない。面白そうだったら少しずつ購入していけばいいのだ!↓

>>富士登山道具レンタル

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました