夏にポータブル電源を車内放置するのは絶対にNGなのか?やむを得ない場合の対策は?!

ハイエース車中泊 & カスタム
炎天下の車内に無防備な状態でポタ電を放置するのは絶対にやめよう!
記事内に広告が含まれています。

 雲一つない晴れた日、特に夏の炎天下に窓を閉め切ったまま駐車場のど真ん中に駐車した車の車内は、言うまでもなく灼熱地獄と化する。

 このような日にポータブル電源をそのまま車内に放置してどこかに出かけることは絶対にやめよう!たとえ数時間でもだ!

 では、どんな状況でも車内に放置してはダメなのか?

 一方で、車に戻ってドアを開けた途端に温度が一気に下がることは多くの人が経験しているだろう。

 本ブログではきちんとポータブル電源の性質を理解した上で、やむを得ず車内に放置できるとしたらどんな対策をしたらいいのか?について、実験データをもとに紹介する!

 夏でもポータブル電源を車に積んで使いたいと思っている方は是非参考にしていただきたい!

本ブログで得られる情報

  1. ポータブル電源に使われているリチウムイオン二次電池の性質
  2. 快晴時の車内温度推移実験結果(実験対象車:筆者のハイエース)
  3. やむを得ずポータブル電源を車内に放置する時の唯一の方法
筋肉おやじ
筋肉おやじ

小難しそうな実験はどうでもよくて結論だけ早く知りたい方のために先に結論を記載しておこう!

結論
車種専用シェード(断熱効果ありのタイプ)を取り付け、冷凍保冷剤(最低500g×2個以上)を入れた保冷バック※①の中にポータブル電源を入れる方法であれば、日中(10時間程度)の単発なら猛暑日でも車内放置できそうだ!
 ただし、どうしてもやむを得ない場合にとどめておいた方がいいだろう。あまり頻繁に行うと、温度は問題なくても今後は湿気の影響で電池や電子機器に悪影響する可能性がある!また、本結論は筆者の車で検証したデータから導いたものであり、実行についてはそれぞれで判断していただきたい!

※①安いマイバックタイプはNG。必ずしっかりした保冷バックを準備すること

リチウムイオン二次電池とは・・・

 ポータブル電源にはリチウムイオン二次電池が使われていることは、あまり電化製品に詳しくない人でも何となく聞いたことがあるだろう。

 ネットで検索すれば三元系とかリン酸鉄とかの説明が詳しく書かれているので、ポータブル電源が気になっている方は必ずチェックしているはずだ。

 多くのネット情報がおすすめしているように、これからポータブル電源を購入する方は、リン酸鉄系リチウムイオン二次電池製を購入するのがいいだろう。

 ただし、よくある間違いとして、リン酸鉄系を選択したからといって、極端に高温放置に強くなるわけではない。あくまでも正極材料の熱安定性が高いので熱暴走(これは末期症状であり、こうなった時は時すでに遅し状態・・・)に至りにくいって話だ。

筋肉おやじ
筋肉おやじ

リン酸鉄系(LiFePO4)はP(リン)とO(酸素)が強固な共有結合をしているので、高温になってもなかなか構造崩壊せず、酸素放出が起こり難い。酸素は熱暴走時のいわば燃料なので、これが放出され難いってことは熱暴走し難いってことなのだ(と想像する)!

 極端に・・・と書いたが、方向性としてはおそらくリン酸鉄系の方が有利になるだろう。これは作動電圧が低いことから想像できる。

筋肉おやじ
筋肉おやじ

ちなみに、作動電圧(ここでは一般的な公称電圧とした)はリン酸鉄:3.2V、三元系:3.6Vだ(各ポータブル電源メーカー仕様書から読み取れる)。 

 高温保存時の性能低下は、正極活物質材料云々よりも、電池の中でリチウムイオンの移動(充放電)に関与している有機電解液(電解質)の分解による内部抵抗増加が主原因である(と想像される)。有機電解液(電解質)は、電圧が高いとより分解されやすくなる(高電位側は酸化反応、低電位側は還元反応※②)ので、作動電圧が低いリン酸鉄系は、それだけ有利になりそうな気がする。

※②ざっくり酸化反応とは電子が奪われる反応、還元反応のとは電子をもらう反応だ!

 リン酸鉄系のポータブル電源主要メーカーの仕様書によると、どのメーカーも使用&保管温度は40℃前後までとなっている。

 なので、最高温度が40℃に到達しない条件、できれば35℃程度までの条件であれば、車内放置による性能低下を最小限にとどめることができると言えるだろう!

メーカー
Eco Flow delta2


Jackery 1000Plus


Anker Solix C1000
推奨使用温度範囲20 ~ 30℃
使用温度範囲-10 ~ 45℃-10 ~ 45℃-10 ~ 40℃
充電温度範囲0 ~ 45℃0 ~ 45℃0 ~ 40℃
保管温度範囲-10 ~ 45℃-20 ~ 45℃(1カ月)
0 ~ 45℃(3カ月)
0 ~ 25℃(1年)
0 ~ 40℃
各メーカー仕様書から引用

炎天下に駐車した車の車内温度

筋肉おやじ
筋肉おやじ

夏になるとJAF等の機関紙でこの手の実験データがよく報告されている。これはこれで非常に参考になるのだが、車の仕様が異なると過大もしくは過小評価となる可能性がある。実際にポータブル電源を載せるのは私の車(ハイエース)なので、実験好きな私は自分の車で試してみたかった・・・

実験の詳細に興味のある方は↓

 結果サマリーは下記の通りである。

条件実施日天気外気温後部座席足元リア荷室床上
シェード無2024年4月28日☀快晴30.1℃40.7℃39.8℃
シェード有2024年5月4日☀快晴29.9℃35.3℃34.7℃
網戸+シェード2024年5月5日☀快晴30.2℃32.7℃32.5℃
表中の数値は最高到達温度(℃)

 私のハイエースはある程度断熱仕様にしているのだが、これでは猛暑日(35℃以上)は全面シェード有でも確実に40℃前後に到達するだろう。助手席と運転席の窓を全開にして網戸にすると、さらに効果的だが、外出先では防犯上の問題があるのでそうそう使える方法ではない。

筋肉おやじ
筋肉おやじ

以上の結果から、春~夏の真夏日(30℃以上)以上の日に、車側の対策で安全にポータブル電源を車内放置できそうな方法はなさそうだ!※③

ただし、防犯上の懸念がなければ網戸とシェードを並行使用することによって大幅に状況を改善することはできる!

※③もちろん、本格的な断熱性能のキャンピングカー等特別仕様車はココでは考察対象外だ

保冷バックにポータブル電源を入れてみた!

 この結果のままでは、暑い日はポータブル電源を車に載せてドライブや車中泊するのを躊躇してしまいそうだ。特に私のように、車中泊と日帰り登山を組み合わせて数日間遠征するような使い方をする人にとっては深刻な問題である。ということで、腹案として温めていた「保冷バックを使った時の効果」についても検証してみたので紹介しよう!これこそがメシア(救世主)となるのだった!

実験

 まずは実験条件を紹介しよう。

 使用した車は同じく私の愛車ハイエーススーパーGL(ナロー)、色はブラックマイカ(猛暑には超過酷色)である。

実験概要

  • 条件:全面シェード(車種専用設計ユーアイビークル)+保冷バック(Beikemall 35ℓ)に冷凍保冷剤(500g×2個を布に巻く)を追加
  • 放置場所はリア荷室床上
  • 温度測定は保冷バックの中心(中空)に温度センシングを突っ込んで測定(測定時に開閉一切無もちろん保冷剤との距離を十分に確保
保冷バック
保冷バックに冷凍保冷剤をいれる。撮影のため保冷剤を見せているが、試験中は布(ハンカチ)で巻いている。手前に温度センサーの線が見えている。
保冷バック
ハイエースの荷室床に放置。温度は計測用線センサーで測定しているため、試験中はバックを開け閉めすることは一切ない!

 実験に使用した商品のリンクは下記参照↓

Yahooショッピングはこちら↓           

保冷バック Beikemall 35リットル
筋肉おやじ
筋肉おやじ

ちなみに、私が持っているポータブル電源「エコフローデルタ2」のサイズに合う保冷バックを見つけるのにとても苦労した(高さと奥行きがネック)。今回使った商品は小さ過ぎず大き過ぎずのまさに鬼フィットだった!もちろん保冷剤を複数個入れるスペースも考慮しての話だ。エコフローサイズをお持ちの方は要チェック!もちろんエコフロー以外でもこの35ℓサイズがちょうどよいのでは?

エコフローの高さ28cmに対し、この商品は外寸30cm、内寸28cmのまさに鬼フィット!500gの保冷剤を左右と、前後に合計4個入れることができる!写真は左右2個入れている
保冷剤4つの場合、さすがにチャックがきつくなるので、形状保持の底板を取り除いた方がいいかも。保冷低下影響(軽微と想像)よりも保冷剤2個追加による冷却効果の方が圧倒的に大きいだろう!
使わないときはこのように折りたためるところもGood!。保冷構造もしっかりしており、35ℓと大容量なので、ポタ電保冷以外のノーマル目的でも十分使えるだろう。

実験結果

 では、気になる実験結果を紹介しよう。

 時間のない方は、読み飛ばして結論の部分だけ読んでいただければOKだ!

条件実施日天気外気温リア荷室床上保冷バック内
保冷バック
(冷凍保冷剤有)
2024年5月11日☀快晴27.7℃32.8℃23.2
表中の数値は最高到達温度(℃)

 冷凍保冷剤(今回は500g×2個)を入れた保冷バック中の温度は、車内温度よりも常に10℃前後も低めに推移していることがわかる。事前の予備実験によると、私の車では35℃以上の猛暑日の場合の車内温度は、全面シェード有で40℃~45℃くらいと想定される。これよりも10℃程度低め推移ということは、つまり、保冷バック+冷凍保冷剤を使うと、日中(10時間程度)の単発使用であれば35℃以下をキープ出来る可能性が高い。保冷剤の数を倍の4個に増やせば確実にキープできるだろう!

今回は保冷剤に布(ハンカチ)を巻いたが、これは保冷剤による結露でポータブル電源を入れた想定時に水滴がつくのを防止するためである。同時に保冷剤の保冷効果も維持されるので一石二鳥だ!(と思う

筋肉おやじ
筋肉おやじ

念のため補足しておくが、保冷剤を入れないで保冷バックだけでもいいのでは?についてももちろん実験で確認しているのだが、、、残念ながらほぼ無意味(数℃程度の遅延効果しかない)であることがわかった。また、スーパー等の試供品でもらう安い保冷バック(マイバック)も試しているが、こちらは保冷効果が乏しく、保冷剤の数を増やさないと日中もたないだろう。

 ということで、あらためて結論を示すと

結論
車種専用シェード(断熱効果ありのタイプ)を取り付け、冷凍保冷剤(最低500g×2個以上)を入れた保冷バックの中にポータブル電源を入れる方法であれば、日中(10時間程度)の単発なら猛暑日でも車内放置できそうだ!
 ただし、どうしてもやむを得ない場合にとどめておいた方がいいだろう。あまり頻繁に行うと、温度は問題なくても今後は湿気の影響で電池や電子機器に悪影響する可能性がある!また、本結論は筆者の車で検証したデータから導いたものであり、実行についてはそれぞれで判断していただきたい!

冷凍保冷剤の確保

外出先で冷凍保冷剤が都合よく入手できることはまれだろう。なので、今回の方法を実践するためには「ポータブル冷蔵庫」も準備しておく必要がある。ポータブル冷蔵庫は、いうまでもなく本来の目的でもとても便利なので、車中泊旅では是非準備しておきたい。

Yahooショッピングはこちら↓

ポータブル冷蔵庫 アイリスオーヤマ
筋肉おやじ
筋肉おやじ

まとめ

 積極的に車内にポータブル電源を放置することは私もNGと考えるが、どうしてもやむをえない場合単発でという前提において、誰でも実践できる方法を紹介してみた!加えて、車を止める場所を選ぶことができるならば、日中日陰になりそうなところに駐車するのも効果的だろう。

 また、安全性と性能の観点から、ポータブル電源の充電量を50%程度の容量に調整しておくのが望ましいことも合わせて覚えておくといいだろう!これは車内放置に限らず、家で長期間使用しないときにも当てはまることである。

ポータブル電源の性質をしっかり理解した上で、ガンガン使っていこう!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました