腕を太くしたくて集中的にトレーニングしているときこそ特に注意したい「ひじ」のケガ

筋トレの極意
Tシャツの袖が窮屈そうなブッとい腕は男ならだれもが憧れるはずだ!
記事内に広告が含まれています。

 Tシャツの袖から窮屈そうに盛り上がって、いやでも見えてしまうようなブッとい上腕二頭筋。ふつうの男性諸君ならだれもが一度は憧れるはずだ。そんな腕をめざしたくて、腕トレを集中的にやることもあるだろう。

GASPを着用した筋肉おやじだ。袖口よりも腕の方が太いぞ

 私の経験上、こんな時にこそぜひ注意してほしいことがある。ひじのケガだ

ひじの違和感

 当然私も腕は大好きなトレーニング部位の一つだ。通常は2回/週でサイクルさせるが、30代後半の頃は36㎝→39㎝くらいまで目に見えて発達していたので、1日おきに腕トレをやっていた時期があった。(ちなみに、今は42㎝くらいだ。もちろんCOLDで。上の写真もCOLDだ!)

 種目はダンベルカール(ノーマル、インクライン)、バーベルカール、コンセントレーションカール等、一般的によくやる種目だ。

 そんな時、ひじの内側の筋(よく採血で針を刺す血管あたりを押すとコリコリといるやつだ)に鈍痛のような違和感を感じはじめた。ただ、最初の頃は、違和感を感じるのはウオーミングアップの時くらいで、体が温まるとなくなっていた。なので、あまり気にしないでガンガン高重量・高強度で続けていた。

痛みが出たのはちょうどこの辺だ。筋トレやっていない人はなんで?という箇所だと思う
痛みが出たのはちょうどこの辺だ。筋トレやっていない人はなんで?という箇所だと思う

大きな代償

 2か月くらい続けていただろうか?この頃になると、本番トレーニング中でも痛みがひかず、日常生活にも支障をきたすほど我慢ならない状態にまで悪化していた。なんせダンベルカールは25㎏程度でやっていたのに、5㎏のプレートを持っただけでも痛いのだから。

  当然整骨院にも行ってみたが、マッサージとシップをもらっただけで、最良の治療は「痛みが完全になくなるまで重いものは挙げるな」ということだった。。。

 まあ、さすがにまったく挙げないということは私にとってはありえないことなので、、、痛みがでないような角度を探して、ダマしダマしやってはいたが。

 そして、このような状態がなんと1年以上続いたのである正直言って一生治らないのかと思ったが、急に痛みが薄らいでいっている感覚がではじめて、ある日気づいたら痛くなくなっていたという感じだった。

まとめ

 この経験以来、私は体が発する信号にいっそう注意を払うようになった

 少しでも違和感を感じたら、いさぎよくやめるか、痛みを感じない別の種目に切り替えることを徹底したこのいさぎよくが非常に難しいことはおそらく筋トレ歴が長い人ならわかるだろう。重量を下げることさえも難しいのだから。

 だが、これを無視すると1年ものペナルティーが待っている。このことを考えれば少しばかりの停滞は大したことではないことを理解してほしい

 私の筋トレ哲学「筋肉がNoと叫んだら私はYesと答える」に反すると言われそうだが、関節や筋は筋肉とは別だ。生涯筋トレを続けるためには大切に守る必要がある。

 皆さんには是非私の失敗例を参考にして、同じような過ちをしないようにしてほしいと願う!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました