2枚のソーラーパネルの向きを簡単に太陽に合わせせて発電効率を改善する?!

ソーラーパネル発電
ソーラーパネルの下にシートを引くと移動が楽!
記事内に広告が含まれています。

 2023年末、我が家のバルコニーに設置したレノジー 100W 2枚並列のソーラーパネルは、その後も順調に発電中である。

Yahooショッピングはこちら↓

Renogy 100W×2枚

 調子がいい時は190W程度(並列なので、最大でも200Wだ)まで発電してくれて、ポータブル電源エコフローデルタ2を半日程度で満たしてくれる。

 だが、当然太陽は毎日、東から昇って西に沈むわけで、毎時間パネルが太陽に対して最適なポジションにいるわけではない。

 特に我が家はバルコニーに設置しているので、バルコニーの手摺や家の影でパネルの発電効率が落ちることが課題であった。

 なので、1日中家にいるときは数時間毎に2枚のパネルに影が当たらないような位置に少しずつ移動させていた。

 この移動が結構面倒で、、、2枚のパネルを並列でつなげているケーブルは60㎝程しかないので、MC4連結ケーブルを外さないで1枚のパネルを一度に移動させることができる距離はせいぜい十cm程である。

 このため、それぞれのパネルを少しずつ交互に移動させなければならないのである。しかもバルコニーの床は陶器製なので、むげに引きづると傷がつくので丁寧に作業しなければならないのであった。。。

使い古しの銀マットを活用

 これを少しでも楽に作業できないかと思案した結果、趣味の登山でかれこれ25年くらい使っていたテント内に敷く銀マットをパネルの下に敷いてみることにした。 

ソーラーパネル
パネルの下に銀マットを敷いてみた(サイズ:200×120cm )。一部折りたたんでいるが、ぴったり!
ソーラーパネル
風にあおられないようにレンガを置いた

 これがまたサイズがぴったりで、、、しかも狙い通り、マットを引っ張るだけで2枚のパネルを簡単に移動することができるようになった。これは圧倒的に楽である。

 尚、マットの端が風にあおられないように、念のためレンガも置いている。

ソーラーパネル
昼過ぎになるとこのように日影が迫ってくる。当然は発電量は減る
ソーラーパネル
太陽を追い求めて移動。銀マットを引きづると2枚のパネルをそのままの位置関係で移動させることができる!
ソーラーパネル
15時以降。さすがにここまでくると本日の発電はThe End!

まとめ

 銀マットは社会人になってすぐにソロ登山用に購入してこれまで約25年ずっと愛用していたシロモノである。

 さすがにボロボロになっていたので、処分しようかと考えていたので、今回再利用することができてよかった。

 それにしても、この銀マット25年も使っているのに機能的には全く問題なかった。さすがに折り目部分等はへたってアルミが剥がれて裏が見えているが、それくらいだ。

さすがにヘタっているがまだ使える!

 銀マットはコスパ最高の商品だと思う。

 今回の手法はバルコニー等、手の届く範囲にパネルを設置する場合のみ使える限定手法である。

 まことに原始的な手法ではあるが、マットがあるとないとでは作業性が大きく異なるので、是非参考にしていただければ。。。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました