念願の家庭用ソーラパネルを購入!選んだのは renogy 社100W × 2枚!

5.0
ソーラーパネル発電
ついにソーラーパネルをGet!
記事内に広告が含まれています。

 ポータブル電源に続き、ようやくソーラーパネルが届いた。購入したのは信頼と実績のある renogy 社製の12V 単結晶100W × 2枚セットだ。

Yahooショッピングはこちら↓

Renogy 100W×2枚

 尚、ソーラーパネルには主に単結晶と多結晶があるが、ココは考えるまでもなく単結晶一択で良い多結晶は言ってみれば結晶のカスを再生したものを含んでいるため、文字通り結晶の規則性がなく、エネルギー変換効率が悪いからだ。

開封

 早速開封してみた。

レノジーソーラーパネル100W
2枚セットで購入したので、一つにまとまって配送されてきた
レノジーソーラーパネル100W
きちんとソーラーパネル面が向き合っているのでダメージの心配が少ない
レノジーソーラーパネル100W
梱包もしっかりしている
レノジーソーラーパネル100W
取り出した。作業はバルコニーで実施したので傷がつかないようにマットを敷いた
箱から取り出した。作業はバルコニーで実施したので傷がつかないようにマットを敷いた。パネルの色はなかなかクールな感じでかっこいい
裏面にMC4コネクタ付き防水ケーブルがついている。本体側とはジャンクションボックスでしっかり接続

性能チェック

 では肝心の発電性能をチェックしてみよう。その前にポータブル電源購入のブログでも触れているが、今回購入したポータブル電源 エコフローデルタ2にはソーラー充電ケーブル(XT60i)が付属していないので、自分で購入する必要がある。

 これも追加購入し、なんとか間に合った。

箱を開けると愛犬が飛び込んだ・・・うちの犬はどんなに小さくても収まりたがる性癖が
箱を開けると愛犬が飛び込んだ・・・うちの犬はどんなに小さくても箱に収まりたがる変な性癖がある。。。
これがMC4-XT60i/3.5mだ
これがLMC4-XT60i/3.5mだ
恍惚の顔・・・
収まって満足!恍惚の顔・・・

 はやる気持ちを押さえつつ、とりあえず今回はパネル1枚できちんと発電されるかチェックしてみる。今日はあいにく薄曇りで日差しがほほんどない。果たして発電するかどうか???

薄曇り。わずかに木漏れ日が出てきたタイミングでチェックしてみた

 まず エコフロー のソーラー充電端子箇所を確認する。

EcoFlow
通常状態ではきちんとキャップがついている。ホコリがつかないのでGOOD!
通常状態ではきちんとキャップがついている。ホコリがつかないのでGOOD!
EcoFlow
キャップを開けたところ。一番左がソーラー充電接続端子だ
キャップを開けたところ。一番左がソーラー充電接続端子だ
LMC4-XT60i端子の形状と同じことを確認!
LMC4-XT60i端子の形状と同じことを確認!
LMC4-XT60i端子の形状と同じことを確認!
接続。カチッといい感じ

 さあ、いよいよソーラーパネルとポータブル電源を接続する。

接続はすこぶる簡単だ。ソーラー側の雄雌(プラスマイナス)とポータブル電源側の雄雌をつなげばOK。逆は嚙み合わないので間違えようがない。ツメがカチッとかみ合えば完了
接続完了。尚、取り外しもツメを押しながら引けば簡単に外せるので、安心して接続してOK
架台は後から制作するのでとりあえず30°くらいに傾けて太陽の方向に向ける
薄日でも35W発電していることを確認!チョット感動

 最終的には2P1Sの並列接続で使う予定だが、早く確認したくて一つのパネルで動作確認してみた。さすがに薄曇りだったので、100W 仕様に対して35W(瞬間で41W)程度だったが、きちんと発電されることを確認した。

 わかっちゃいるけど、、、電気の自給は初めてなのでちょっと感動

 ようやく長年温めてきたソーラーパネルを使った発電システムを構築する準備が整った。配線レイアウト含めて2Pでシステムを構築していきたいと思う。後日リポートする!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました