リビングのテレビの音が聞こえにくい?と感じたら「手元で聞くスピーカー」が便利!

4.5
早期退職 ・転職 & 生活
テレビの音が聞こえにくいと感じてきたら・・・自分専用の手元スピーカーで解決!
記事内に広告が含まれています。

 私も50オーバーのレッキとした中高年になった。

 筋トレ歴30年以上の私は、これまで自分の力で何とかなることは自分でなんとかしてきたし、これからもなんとかしていくつもりである。

 ただし、残念ながら世の中にはそうではないことの方が多い。

 聴覚もその一つだろう!

以前よりも会話が聞き取りにくい

 50オーバーになって、特に感じるのはガヤガヤしているところでの会話が聞こえにくくなったことだ。みんなそうだと思うかもしれない。

 だが、人間ドックでは数年連続で聴覚検査でD判定(要精密検査・治療)を受けているし(全く自慢にもならないが・・・)、つい最近も認めざるをえない出来事に遭遇してしまった。

 多数の客でガヤガヤしている店で飲食する機会があったのだが、他のメンバーは楽しそうに会話が成立しているのに対し、私はというと、、、断片的にしか聞き取れないのだ!

 このため非常にフラストレーションがたまってしまった。何度も聞き直すのも雰囲気を壊すし、、、やりたくはないが適当にウンウンと言ったことが何度もあった。。。

 同じようなことが我家のテレビの音でもよくある。

 リビングで一人でテレビを見ている時はさほど感じないのだが、かみさんが食器洗いを始めたり、誰かが会話を始めたりすると途端に聞こえにくくなるのだ

対策

 2023年に早期退職したこともあり、ガヤガヤするところでの食事会は、そうそうないのでまだ許せるが、テレビの音が聞こえにくいのは、毎日のことなのでなんとかしたい。

 そこで、以前から気になっていた「手元スピーカー」を購入してみた。下記旭電機化成さんのANS-302だ。

購入した商品:旭電機化成ANS-302
購入した商品:旭電機化成ANS-302

購入の決め手

 今回の購入にあたり、前提条件としたのは下記だ

購入の前提

  1. 有線であること(無線LANではないこと)
  2. コードが長いこと(最低3m以上はほしい)
  3. 音量調整がダイヤルでアナログ式であること(単純構造なので故障しにくい(と思う))
  4. 小さくて見た目がオシャレであること(リビングに置くので)

 一般的には無線LANを選ぶ方が多いだろう。コードが邪魔だし、見た目もスマートではないし。

 だが、私はあえて有線を選んだ。理由は家族で同じテレビを見ているときにタイムラグが発生するのを避けるためである。

 実際にどの程度タイムラグが発生するのかは?であるが、無線LANの特性上、可能性はあるだろうと思う。

 というわけで上の①~④に当てはまった商品が「旭電機化成ANS-302」というわけだ。

 次に購入後の商品レビューを紹介する。

商品レビュー

 ネットでポチると数日後に商品が届いたので、早速使用してみた。

スピーカー。幅15㎝ほどとコンパクト
幅15㎝ほどとコンパクト。丸形で形もいい
音量はダイヤル式で調整
音量はダイヤル式で調整可能
使用時はライトが光るので消し忘れがない
使用時はライトが光るので消し忘れに気づく
不使用時はコードをココに巻きつけることができるので、ゴチャゴチャしない
不使用時はコードをココに巻きつけることができるので、ゴチャゴチャしない
集音マイクはテレビのスピーカーに付属のテープで貼り付け。数カ月経っているがはがれることはない
集音マイクはテレビのスピーカーに付属の両面テープで貼り付け。数カ月経っているが剥がれたことは一度もない
こんな感じ
こんな感じ。1人の場合は集音マイクを使わずにテレビのイヤホン端子に直接本体端子をつなぐこともできる。ふだんもこの状態でコードを隠せば違和感なし
本体側端子とつないだ状態。この状態で使っている

 このスピーカーはコードが5mもあるので、普通の広さのリビングでは短いということはないだろう。今のところは長すぎるので、結束バンドでまとめているくらいだ。

 肝心の効果は、、、絶大である

 テレビ音で家族が聞きながら、私の手元にスピーカーを置いておけば、私には手元スピーカーから臨場感ある音が聞こえてくるような感じになる。

 音量も調整できるので快適だ。聞こえにくいと感じたらサクッと簡単に準備できるのもいい。

 また、慣れないうちはコードに何度か足を引っ掛けることがあったが、このスピーカーは集音マイクからの端子と本体からの端子の雄雌でつないでいる構造なので、この雄雌部分が抜けるだけだ。

なので、集音マイク貼り付け箇所が剥がれることはないし、テレビやスピーカー本体へのダメージもない。よく考えられている!

 また、使用しないときは集音マイク側のコードは短いので、貼り付けたままでも邪魔にならないし、違和感もない。

総合的に聞こえを改善したい

 私はまだ自宅のテレビ音さえストレスなく聞こえれば、あとは何とかなっているのであるが、外出時も含めて総合的に改善したい場合は、補聴器の導入ということになろう。

 最近は昔のイメージとは違ってオシャレなで機能的な補聴器も登場しているので、補聴器をつけるハードルはずいぶんと低くなっている。

 加えてWi-Fiイヤホンも普及しているので、パット見では補聴器なのかイヤホンなのかわからないのもいい。

  また、補聴器はその名の通りあくまでも聞こえ方の補助であるが、各位の聞こえ方をスマホでカスタマイズし、自分が聞こえやすい音にできる、まさに第2の耳ともいうべき商品もある↓

補聴器とは違う、全く新しい会話サポートイヤホン「Olive Smart Ear Plus(オリーブスマートイヤープラス)」

 いい時代になったものだ!

まとめ

 肉体的な衰えは鍛えることで抗うことはできるが、さすがに聴覚は鍛えようがないので、このような文明の利器に頼るしかない。

 また、さらに進んで最近はスマホで自分の音にカスタムできる商品ついても紹介した。

 気になる方は詳細を確認してみるといいだろう。一見お高いように見えるが、毎日のことなので、実は非常に安いのではないかと思う。

 同じような悩みを感じている方は是非お試しあれ!

補聴器とは違う、全く新しい会話サポートイヤホン「Olive Smart Ear Plus(オリーブスマートイヤープラス)」

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました