登山にも「携帯浄水器」をもっていく方がいいだろう!もちろん災害時も安心だ!

登山
日本の山も携帯浄水器を持参する時代になってきたかも?
記事内に広告が含まれています。

 登山者の方で山に携帯浄水器を持っていく人はどれくらいいるだろうか?

 大都市近郊の山は私のテリトリーでないので状況が違うかもだが、、、私の感覚だと、まだ極少数派だと思う。

 私も最近までは携帯していなかった。山の水はいつもまろやかでうまいし、わざわざ浄水器を通すなど愚の骨頂だ!と思っていた。

 考えが変わったのは、2023年夏に石川県で発生した「流しそーめんの食中毒事件」のニュースを見てからである。

 あれは見るからにうまそうな山の水を源泉にしているにもかかわらず、最終的には892人の人が感染した。原因は湧き水に混入した細菌「カンピロバクター」だった。記憶に新しい人も多いだろう。

 日本の山の水については、北海道はキツネに寄生する寄生虫エキノコックスに感染する可能性があるので危ないという認識だけはあった。

 だが、残念ながら本州以南でも必ずしも安全ではないという認識を持たざるを得なくなったのだ!

以来、私は携帯浄水器を登山リストに加えた。もちろん、災害時にも使えるので、登山以外でも役に立つだろうと思ってのことだ!

 今回は、私が持っている商品を含めた「人気の携帯浄水器」について紹介する。

このブログで得られる情報

  1. 本体重量100g未満の人気の携帯浄水器
  2. 登山用目線でおすすめの携帯浄水器
  3. ソーヤーミニSP128の商品情報

携帯浄水器

 早速携帯浄水器を比較してみよう。

 今回は登山用メインに考えているので、本体重量が100g未満の軽量モデルで人気商品3選をピックアップしてみた。

商品名商品画像登山目線評価
(筆者判断)
価格/円※①本体重量/g径/長さ/cm使用量/ℓ
有効期限
孔径/μm除去率/%専用パウチその他
(筆者推定)
SAKUTTO
(4.5 / 5.0)
398050Φ3.5×1450000.01
(Max径は?)
中空糸膜
99.99999
容量?
0.01の膜を使っているが、最大径が0.01≧かは不明
ソーヤーミニ
SP128

(5 / 5.0)
387941Φ3.5×13.538万0.1
(Max径:0.1)
中空糸膜
99.99999有り
0.5ℓパック
孔径は最大径なので、0.01表記と単純比較できない
GreesShow
(3 / 5.0)
276058Φ3.2×17.6200
フィルター2年
本体5年
不明
(記載無)
PE/活性炭/ナノアルミナ
99.9999孔径不明。活性炭を使っているので、臭い除去にも有効かも?
※①2024年3月Amazon価格

SAKUTTO

Yahooショッピングはこちら↓

携帯浄水器SAKUTTO

 Amazonで2000個/月ペースで購入されているベストセラー商品である。他のネットショップでも一番人気商品となっている。TV番組で紹介されて一気に知名度があがったようである。

特徴は何といっても0.01μmの超微小サイズの孔径だろう。有害物質除去率は99.99999%と驚異的であり安心だ。総使用制限量は5000ℓなので、登山用メインで使う分には十分な量と言えるだろう。

ソーヤーミニ SP128

Yahooショッピングはこちら↓

携帯浄水器ソーヤーミニSP128

 国連などの公的機関で高く評価され、世界80カ国以上もの国と地域で使用されているワールドワイドで実績のある商品である。

 実は私が使っている商品もこの「ソーヤーミニ SP128」である。

 まず、重量・サイズが携帯浄水器最小レベルなのがいい。登山では1gでも軽く少しでも小さい方が助かるのは言うまでもないだろう。それでいて有害物質除去率は99.99999%と超高性能だ。

 孔径が0.1μmとSAKUTTOの0.01μmに劣るように見えるが、表記の前提が異なるので単純比較はできない。この商品は最大孔径が0.1μmなのだ。

 なので、0.1μm以上の有害物質を確実に除去できるという点でむしろ安心できると思う。また、総使用制限量が38万ℓと他の商品を圧倒しているのも購入の決め手になった。

 登山用途以外で使用したとしても、一生交換することなく使い続けると言っていいだろう。

 そもそも中途半端な使用量制限があっても、いちいち使った量を記録することなどできるはずがないのだ。「ソーヤーミニSP128」は、使用量を一切気にすることなく一生使えるのだ。これは大きなメリットだと思う!

携帯浄水器ソーヤーミニ
本体はコンパクト。パウチパックが付属されているのもいい
携帯浄水器ソーヤーミニ
海外製だが、日本語の説明書がついている
携帯浄水器ソーヤーミニとPlaypus
気になっていたPlatypus/2ℓにもピッタリ取り付けることができた!もちろんペットボトルも装着可能!

GreesShow

Yahooショッピングはこちら↓

携帯浄水器GreesShow

 こちらも先に紹介した2商品についで人気の高い商品となっている。

 最大の特徴は、3商品の中で唯一活性炭層を使っているところだろう。活性炭は臭いも吸収する性質があるので、臭い除去という点ではこの商品がいいかもしれない。

 ただし、総使用制限量が200ℓと少なく、フィルターは使用開始後は1年、未使用でも2年交換が目安というところには注意が必要だ。

 まあ、家庭用浄水器のように、度々の交換を前提とした商品と考えればよいだろう。

 登山目線で考えると、、、そうそう毎日登山にいくわけではないので、制限使用量よりもフィルター寿命で交換する頻度が高くなりそうだ。

 なので、個人的にこの商品は、価格は安くて初期投資は少ないが、登山用途以外でも頻繁に使う機会がある人以外は、コスパはあまり良くない商品だと思う。

最後に

 今回は今人気の携帯浄水器を、防災用途よりも登山目線で紹介してみた。

 もちろん、できれば山の水はそのまま飲みたいと思う気持ちは私も同じである。だが、流しそーめんの事例を考えた時に、どのように対処するかはケースバイケースで判断する必要があると思う。

 つまり、山に降った雨や雪が長い年月をかけて十分に濾過されて、伏流水として湧き出している水場は、間違いなくそのまま飲めると考えていいだろう!

 一方で、地表を流れる川の水については、たとえ支流で見た目がきれいでも、上流で動物の死骸やフン(場合によってはマナーの悪い人間のトイレ事情も・・・)が混入しているかもしれないので、念のため浄水器を通した方が良いだろう!

 というような判断が必要になるだろうってことだ。

 今回紹介した携帯浄水器は、災害時にも有用であることは間違いない。

 だが、災害用途メインだと今回考慮した目線に加えて、処理量・処理スピードが新たに加わってくると思うので、この目線も加えて購入判断することをおすすめする。

 いずれにしても、携帯浄水器は一家に一つは持っておくと安心だろう!

是非購入の参考にしていただければうれしい!

筋肉おやじ
筋肉おやじ

防災対策として何を選んだらよいかわからない方は専門の防災士が選んだ防災グッズ一式をそろえておくのもいいだろう。違和感のないおしゃれなリュックもセットなのがうれしい!

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました