注目の「グリルガード」 ハイエース 200系 オフロード仕様!

ハイエース車中泊 & カスタム
グリルガードは力強さの象徴!オフロード仕様に必須のアイテムだ!
記事内に広告が含まれています。

 ここ数年でハイエースをオフロード仕様にカスタムする人が増えてきたように思う。

 私の愛車スーパーGL(200系/標準)も決してガチではないが、コンセプトとしてオフロード仕様を目指して少しずつカスタムしてきた。

 グリルガードもその一つである!

 グリルガードはオフロード仕様をアピールするための強力なアイテムの一つだ。車のフロント最先端部に設置されるので、いやでも目に飛び込んでくる。

 とにかく見た目のインパクトが大きいのだ!

 ちなみに、このグリルガードは、以前はカンガルーバーと呼ばれていた。実際にカンガルーとの衝突による車のダメージ(ライト含む)を回避するために、オーストラリアで開発されたものなのだそうだ。

 今回は、今注目のハイエース グリルガードについてタイプ別に3商品と、実際に私が取り付けている(あまり人気にはなっていないが)イカした(と自分では思っている)商品もプラスして4商品を紹介していく。

 最後まで読んでいただければ、あなたもきっとグリルガードをカスタムに加えたくなること間違いなし!?

グリルガードのメリット・デメリット

 まずグリルガードを取り付けると、どういったことが起こりうるのだろうか?実際に導入した私が感じているメリット・デメリットを以下にあげてみた。

グリルガード導入によるメリット

  1. オフロード感がハンパない
  2. 比較的少ない投資で見た目に与えるインパクトが大きい(コスパが良い)
  3. 正面から障害物や車に接触した場合、車体を守ることができる
  4. まだ装着している人が少ないので他車と差別化できる
  5. おやじでも違和感がない(これはオフロードカスタム全体に言えると思う)

グリルガード導入によるデメリット

  1. 車検の度に取り外す必要がある(4ナンバーは1回/年)
  2. 車体の個体差により、購入品を加工しないと取付できない可能性がある
  3. 少なからず燃費が悪くなる
  4. 定期的なメンテナンス(ガタつきチェック)が必要
  5. フロントグリル周りの洗車が少々やり難い

メリット

 まず言うまでもなくオフロード感が一気に出てくる。また緒言にも記載した通り、車の最先端に装着するので、とにかく目立つのだ。

 その辺を走っているハイエースを見ると、私が装着した2019年頃に比べて、装着している車が増えてきたような印象はあるものの、まだまだレアだ。なので自己満足的ではあるが、他車と差別化できるのもいい。

 それから、これはオフロードカスタム全体に言えると思うが、40代、50代オーバーの中高年おやじでも違和感なくカスタムできるというのも魅力だ。私も若い頃は車高を下げてスポーティーで派手なカスタムを好んでいたが、さすがに50代の今はそういうのはやらないし、ちょっと違和感を感じる。

 中高年のおやじには、むしろ無骨でゆったりと余裕が感じられる重厚感があるカスタムの方が似合うと思う!

 皆さんはどう感じているだろうか?

 もちろんその名の通り、実用面でも正面からの障害物や衝突時に車体本体をガードしてくれる安心感も大きなメリットだ。

デメリット

 私のハイエースはバンタイプの4ナンバーなので、毎年車検を受けている。当然グリルガードがあると車検に通らないので、車検の度に取り外す必要がある。

 まあ、私の場合は、車検の度に取り外すものは他にもあるので、、、その中一つという位置づけであるので大した手間ではないが。

 多くの人は毎年取り外すのは面倒と思うかもしれない。だが、毎年オーバーホール点検ができると考えれば、実はメリットなのでは?と言い換えることもできる。

 私はこのオーバーホールで「自分で加工した」部分のさび止め剤塗布や塗装のメンテなどを行っている。

 「自分で加工した」と書いたが、これは場合によっては少々やっかいなことかもしれない。「場合によっては」と前置きしたのは、運がよければ加工なしで装着できることもあるかもしれないってことだ。

 ご存じの通り、車には個体差がある。なので、グリルガードのような社外取付部品はそのままでは位置がずれたり、車体に干渉したりすることがよくある。

 私が装着したオートパーツサンライズのグリルガードも、少々?現物合わせ加工を行った。詳しくは後に紹介する。

 その他、10kg以上のスチール製パイプが装着されるので、当然燃費は落ちる(まあ微々たるだが)し、フロントグリル周りの洗車が少しだけやり難く感じることもデメリットと言えるだろう。

注目のグリルガード

 ここからは今注目のグリルガードをタイプ別に紹介していく。尚、以下の紹介は、ハイエース200系標準(ナロー)仕様とする。

ZERO HOUSE ライトカバータイプ

Yahooショッピングはこちら↓

ZERO HOUSEグリルガード ライトカバータイプ

 ガチで圧倒的なインパクトを求めているならばこの商品に勝るものはない。とにかく戦闘車両のように厳つい。

 実は私もこのタイプと、後に紹介する実際の購入品とさんざん迷った経緯がある。今回改めて見てみると、やはりこっちはこっちでいいなーと思ってしまう。

 私が最終的に別の商品にしたのは、2019年当時はグリルガードをつけること自体が冒険でもあったので、いきなりガツンとインパクトがあり過ぎるように感じたからである。

 グリルガードが市民権を得ている今なら普通にアリだと思う!

ZERO HOUSE U字タイプ

Yahooショッピングはこちら↓

ZERO HOUSE グリルガード U字タイプ

 その辺で一番多く見かけるタイプがこのU字タイプだろう。やや地味ではあるが、さりげなく、だが如何にも無骨な感じを与えてくれるのがいい。

 複雑な構造物ではないので、車体の個体差に影響されることなく取り付けることができそうなところも一般受けしている要因なのかもしれない。

 オフロードカスタムの第一歩としてちょうどいいタイプだろう!

Helios(オートパーツサンライズ) U字/角型タイプ

Yahooショッピングはこちら↓

グリルガード U字/角型タイプ

 こちらは最近できてきた角型タイプだ。まだこのタイプを装着したハイエースは見かけたことがないのでレアだろう。

 丸型か角型かは好みが分かれるところだろうが、こちらの方が無骨感があるように感じる。

他車と差別化したい方はアリだろう!

 ただし、5型以降のTSSセンサーは干渉の可能性があるようなので、この点だけは留意しておきたい。

オートパーツサンライズ スパルタンタイプ

※この商品はAmazonでは取り扱われていなかった

Yahooショッピングはこちら↓

グリルガード スパルタンタイプ

 この商品は私が2019年に購入して現在もバリバリ現役の商品である。なぜかあまり人気がないようで、これまでに自分の車以外で見かけたことは1回しかない(しかもココ3年間は全く見ていない)。

 おそらく個体差による影響が大きく、加工が必要になる可能性が高いネガティブな口コミが一時期広まっていたからかもしれない。

 だが、加工して装着できれば、私はかなりイケてる商品だと思っている!

 逆説的にいうと、だからこそ装着している人が少ないので、他車とかぶらないっていうのもいい!

 ちなみに加工が必要と言っても、特別難しいことはない。少々削る作業と干渉防止の調整が必要ってだけだ。

この辺は次に詳しく説明しよう。

私のグリルガード スパルタンタイプの取り付け

 多くのグリルガードと同じように、この商品も牽引用ボルト穴に専用ボルトバーをねじ込んで利用する。さらにこのバーに固定用ボルトをはめて、切り欠き位置が合うように本体をのせて固定していくだけだ。

 加工の必要がないジャストフィット商品に当たれば実に簡単な作業で終了する。

ハイエース グリルガード装着前
グリルガード装着前。ちなみにフロントグリルのメッキ部分にもマッドなグリルカバーでカスタムしている
ハイエース グリルガード装着前
牽引用ボルト固定穴が左右のココの中に隠されている
ハイエース グリルガード装着
カバーを取って、専用ボルトバーを入れる
ハイエース グリルガード装着
しっかりと固定する。この穴にグリルガード固定ボルトを入れていく

 だが、まず一つ目の不具合として、私のハイエースだと固定ボルトと本体の切り欠き位置が微妙に合わなかった。

 なので、最初に本体の切り欠き部分を金属ヤスリで少しずつ広げた。これは現場合わせでひたすら削るのみだ。ただし、下記に注意しよう!

注意!
切り欠きを削って追加工する場合、R部の丸みを必ず残すこと!鋭角に削るとクラックの起因になる可能性がある!

ハイエース グリルガード装着
グリルガードの左右に2か所の切り欠きがある。ここにボルトバーを引っ掛けて固定するのだが、、、
ハイエース グリルガード装着
うまくハマらないないため、左側だけ切り欠き部を金属ヤスリで削った。意外と簡単に削れる!
ハイエース グリルガード装着
もともと円形状だったが、少々いびつな形状になっている。R部は丸みを残しながら削るのがポイントだ。削った箇所は錆止めと塗装をすること!

 二つ目の不具合は、車体との干渉である。

 グリルガードを固定するためにボルトを締めていくと、どう左右のバランスを調整しても、フロントエアロ部分やフォグランプカバーと干渉するのである。しかもチョットやソットではなさそうだった。

 なので、しっかり固定しても干渉しない距離を確保するために、ワッシャーを数枚加えながら試行錯誤で調整していった。結果として3mm厚のワッシャー3枚が必要となった。

ハイエース グリルガード装着
固定用ボルトにワッシャーを追加しながら干渉しない最適数を見つける。
ハイエース グリルガード装着
私の場合は3枚必要だった。尚、角型のワッシャーはゆるみ防止と見た目のために追加している。ボルトもワッシャーもブラックの錆止め材を塗布している
ハイエース グリルガード装着
両サイドともボルトを装着したら、上からグリルガードをのせる。前の写真の丸と四角のワッシャーの隙間にハメ込む
ハイエース グリルガード装着
車体と干渉しないか確認しながら慎重にボルトを固定していく
ハイエース グリルガード装着
左右のこの部分が干渉しないか注意する。ワッシャーを入れる前はフォグランプにもグイグイ干渉していた!
ハイエース グリルガード装着
最終的な距離はこのくらいだ。ワッシャーがないと完全に干渉するのがわかるだろう!
ハイエース グリルガード装着
完成!チョット加工と装着の手間が発生するが、形はU字よりは断然イケてると思うのだが・・・?

最後に

 今回はちょっとマニアックなグリルガードを紹介した。オフロード仕様を目指すならば、絶対導入しておきたいアイテムの一つだと思う。取付も特に何もなければ非常に簡単だ!

 形状については、本ブログで紹介したタイプにほぼ集約される。いずれも個性的であるが、あとは好みの問題だろう。

 私の装着しているタイプだって負けていないと思う。しかも、4年間使っても不具合は一切ないので耐久性に問題がないことも証明済だ。

 今回紹介した注目の3タイプに加えてみるものいいだろう。

 是非自分のフィーリングに合ったタイプを装着して、オフロード感をEnjoyしてほしい!

車の屋根にソーラーパネルを装着してみたいと思っている方、興味がある方は是非下記へ。誰でもできるスタイリッシュな装着の仕方を詳しく紹介!↓
>>ハイエース車中泊化計画⑦‐1人DIYでソーラーパネル取付け「永久保存版」

筋肉おやじ
筋肉おやじ

車好き必見!カスタムパーツをお探しの方。要チェック!↓

モタガレ

タイヤ購入するなら!
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました