25年ぶりに登山用テントを購入!選んだのは「プロモンテ VL27」その理由は?!

5.0
登山
25年間でテントがこんなにも進化しているとは、、、驚きだった!
記事内に広告が含まれています。

 私は学生時代から本格的な登山を開始し、社会人になってからも本格的ではないが、チョコチョコ登山をたしなんでいる。

 社会人になった約25年ほど前にテント(2人用エスパース)を購入した。このテントをダマしダマし修繕しながらずっと使っていたのだが、昨年ついにポール内のゴムが複数個所で切れてしまった。。。

 テント本体もリペアシートで継ぎ接ぎだらけだし、さすがに修繕も限界だった。。。

 2023年に早期退職も実行し、これから再び日本百名山をはじめ、日本各地の山に登ろうと計画しているので、最新のテントに興味津々でもあった。

 ということで、ついに25年ぶりにテントをリニューアルすることにしたのである!

このブログで得られること

  1. 筆者がテントを選ぶ際に重視したポイント
  2. プロモンテ「VL27」を選んだ理由
  3. プロモンテ「VL27」のリポート

登山用テントで重視したポイント

 社会人になってからの私の登山スタイルは基本ソロ登山だ。

 妻は滅多についてくることはないのでこれからもソロだろう。なので、今回もソロテントを購入すべくリサーチを開始した。

 ソロテントを購入するにあたって、私が重視したポイントを下記にあげてみた。

ソロテント購入で重視したこと

  1. 自立式ダブルウォールタイプである
  2. 軽くてコンパクトである(総重量1.5kg未満)
  3. ②と相反するが、極端に生地が薄い超軽量タイプは避ける
  4. アルプスの稜線でも耐えるような耐久性
  5. ソロだけど二人用サイズ
  6. テント場で目立つ(超ベストセラーモデルは避ける)

ダブルウォール

 登山用テントには大きく分けて、シングルウォールダブルウォールタイプがあるのはご存じだろうか?念のため、ざっくり区別すると・・・

シングルウォール

1枚の生地で防水性と透湿性を担保するように設計されたテント。いわゆるゴアテックス等の素材が使われることが多い。生地1枚なので軽くてコンパクトで設営も簡単なところが主なメリット。デメリットは結露しやすい、前室がないので靴などの汚れ物の置き場がない等、居住性が悪いところ。

ダブルウォール

透湿性メイン機能のインナーシートの上に防水性メイン機能のフライシートで覆われた2枚の生地で設計されたテント。メリットデメリットシングルウォールの正反対になる。簡単に要約するとやや重くてかさばって扱いにくいが、居住性はいいってことだ。

 私はのんびり登山を楽しみたい派なので、居住性は絶対に譲れない。なので、ここは考えるまでもなく、ダブルウォール一択である。

最新テントの機能性

 薄々わかっちゃいたけど、今回様々なメーカーのテントを調査して、最新テントの軽さとコンパクトさに改めて驚いた。私が25年前から使っていた2人用エスパースは総重量2.5kgくらいあったと思う。

 また、テント本体とフライもそれぞれ結構な体積を占有していて、ザック内では存在感たっぷりだったものだ。

 今回のリサーチでは総重量1.5kg程度未満で探してみたが、ほとんどのモデルがヒットしたので、ここは大きな差別化にはならなかった。

 ただし、③にあげたように、総重量1kg未満の超ウルトラ軽量モデルはNGとした。これらはいずれも極端に生地を薄くしているのが明らかだった。リアルに中にいる人が透けて見えそうなくらいだ。さすがにここまで薄いと、突起物やひっかき等に対する強度を犠牲にしているのは目に見えている。

 自分は常に丁寧に扱うから大丈夫と言う人もいるだろう。

 あまい!

 ベテラン登山家は理解できると思うが、山の上では常に腫物に触るように登山用品を丁寧に扱い続けることは不可能なのだ。

 疲れていて不注意になることもあるだろう。また、気象条件が厳しい時はチンタラと活動している余裕がないことも多い。

 ある程度雑に扱っても耐えてくれる装備でないと困るのだ!

 なので、私は一定程度の軽さとコンパクトさは求めるものの、生地の強度やテントとしての耐久性という点も同じくらい重視した。

ソロなのに2人用

 文字通りの1人用ソロテントの幅(長手方向ではない方)はどのメーカーも90cm程度だ。メジャーで90cmを確かめてみてほしい。どれくらい狭いか認識できるはずだ。

 思ったより広いって?

 登山ではそれなりの荷物があることも忘れてはいけない。ザックをはじめ、シュラフや調理器具の他、コマゴマとした小物のスペースも必要だ。寝るためのスペースだけではないのだ!

 加えて、私の場合は82kgオーバーの筋肉おやじなので、一般の登山者よりも各パーツ、特に肩幅や胸板がでかい。腹囲は80cm程度だが、胸囲は115cm弱くらいあるのだ。

筋肉おやじ
筋肉おやじ

余談ではあるが、いわゆる有名登山用品メーカー(モ社やノ社等)の衣類で私が着用できるサイズに出会ったためしがない。なので、登山ではいつもワークマンの4L等を着用している。レインウエアは唯一プロモンテの3Lが大き目だったので、着用している。。。

 というわけで、私はソロ登山者ではあるが、テントは2人用がMUSTなのだ!

テント場で目立つ

 自分が購入したテントを紹介するブログを書いていることと相反する気もするが、、、人気のテント場であまりにも自分と同じタイプのテントが多いと、チョットイマイチな気分になりそうだ。

 また、夜トイレに行って帰ってくるときなど間違えそうになることもあるだろう。

 これは大人気のベストセラーテント、モンベル社のステラリッジを意識して書いているのだが、まあ、性能的にもコスパ的にも、日本の山岳で一押しのテントであることは間違いないだろう。

 私だってこの個人的な理由以外でステラリッジを外す理由はないのだから。

購入したのは「プロモンテ VL27」

Yahooショッピングはこちら↓

プロモンテVL27

 というわけで、私の希望を全て満たしてくれたのが「プロモンテVL27」であった。

 プロモンテはあまり聞きなれないメーカーかもしれないが、1970年代頃のヒマラヤ登山全盛期を支えたダンロップから派生したブランドであり、強靭さと軽量化の両立を売りにしている信頼と実績のあるメーカーだ。

 ちなみに、私は先に紹介したレインウエアでもこのプロモンテの製品を使っていて、こちらもタフな使用に耐えてくれているので、とても良いイメージを持っている。

 プロモンテのテントにはVBシリーズVLシリーズがあるが、ざっくり以下の違いがある。

VBシリーズ

超軽量・コンパクト・素早い設営と撤収が可能。居住性重視の山岳テントとしてはもちろん実力ギリギリまで歩きたいという方にオススメ。※

ただし、いずれもシングルウォールだ。

VLシリーズ

『軽いのに頼もしい』を徹底追及!!『オールシーズン使える』モデルが欲しいという方にオススメ。※

こちらはダブルウォールだ。

メーカーHPからそのまま抜粋:http://www.hcsafe.co.jp/index.html

 なので、当然VLシリーズの2人用モデル「VL27」を選んだわけだ。

 もともとはブルー色しかなかった(と思う)が、2022年から私好みのオリーブ色がラインナップされた。今はオレンジ色とオリーブ色の2色展開となっている。

 私は数年前から次に購入するテントは、「VL27」を中心にタイミングをうかがっていたのだが、ブルー色しか選択肢がなかったのが少々気になっていたのだ。

 なので、これは本当に待っててよかった!!!

 ちなみに、この「VL27」はオールシーズン用なので、オプション販売されている冬用外張りを購入すれば雪山でも使用できる!

VL27の仕様

 「VL27」のスペックを紹介しよう。

外観
オリーブ/オレンジ
サイズ間口/奥行/高さ/cm205/120/100
重量(ペグ、ポール込み総重量)/kg1.49(本体:1.3)
仕様吊り下げ式(スクリューフック)
フライシート20Dポリエステルリップストップ(ポリウレタン防水加工)
インナーテント10Dナイロンリップストップ(通気撥水加工)
本体グランド部30Dポリエステルリップストップ(ポリウレタン防水加工)
ペグアルミ製12本
張り綱4本/テクノーラ(アラミド)
グランドシート推奨(オプション)
スペックはメーカーホームページ参照。尚、シート説明中の20D、10DのDはデニールといい、糸の太さ(重さ)の単位。大きい方が生地が厚い

 奥行(長手方向に対する幅)が120cmあるので、でかい私でも十分な大きさだ。

 生地厚みは、超軽量タイプが10~15Dを使っている中、フライは20Dを、グランド部には30Dを採用してくれている。なんとも頼もしい限りだ。

 尚、大学山岳部時代を含めて、これまで私が使ったことがあるテントはいずれもポールをテント生地に通すスリーブ方式だったが、今回初めて吊り下げ方式を選んだ。

 この使用感については次章で紹介する。

VL27使用感リポート

 ネットで購入した商品が早速届いたので、試しに自宅のバルコニーで設営してみた。尚、今回はお買い得感と本体との一体感のある専用グランドシート(こちらももちろんオリーブ色)もセットで購入した。

登山用テントプロモンテVL-27
左から本体、フライ、ポール、グランドシート、ペグ。一見嵩張っているように見えるが、、、
登山用テントプロモンテVL-27
本体の入れ袋は2重になっており、この中にポール以外全てが収まるようになっているのだ!
登山用テントプロモンテVL-27
ご覧の通り、本体袋にポール以外が収まった!

 25年前のテントとの比較印象で申し訳ないが、とんでもないコンパクトさと軽さに正直驚いた。技術の進化はすばらしい。

 また、色もいい。

 私はザックも服もアーミー系統が多いのでイメージにピッタリだ!注)

注):遭難時に目立つという観点では保護色ではなくビビットな色の方が良いとされているのはもちろん知っている。が、自然にも溶け込みたい。。。

VL27 グランドシート
まずは専用グランドシートを敷く
VL27 グランドシート
グランドシートには表裏がある
VL27 グランドシート
防水コートに違いがあるので、間違えないように敷く
VL27 組み立て
テント本体を広げる
VL27 組み立て
ボールを取り出す
VL27 組み立て
吊り下げ式なので、はじめからX状につながっている。スリーブ方式よりも楽だ!
VL27 組み立て
頂点の突起が下になるようにする
VL27 組み立て
4隅の布に通す。この構造は安定感が増して◎
VL27 組み立て
ポール完成!
VL27 組み立て
ポール頂点の突起に本体頂点を引っ掛ける
VL27 組み立て
引っかけたところ
VL27 組み立て
スクリュー形状のフックをポールに引っ掛けていく
VL27 組み立て
ひねるとロックされる。この方式は間違いなくスリーブ方式より◎
VL27 組み立て
本体完成

 今回、初めて吊り下げ方式のテントを組み立ててみたが、あまりにもサクサク設営できるので感動した。スリーブ方式だと、ポールを布に通していくのだが、この際ポールの連結部分が布の中で外れてしまい、やり直すことがよくあった。また、1本ずつ組んでいくので風が強いと危なっかしい時もあった。

 組み立てに関してはこっちの方式が断然いいと思う!

 次にフライシートを被せていく。

VL27 組み立て
ワンタッチバックルとマジックテープでフライトポールを連結
VL27 組み立て
裾はバックルでロックできる。この方式もいい
VL27 組み立て
フライ完成。張り綱を使って張っていないので、ちょっとシワシワで見栄えが悪いがココは勘弁!
VL27 組み立て
購入して初めて知ったのだが、張り綱の自在はなんと蓄光仕様になっていた。
VL27 組み立て
きちんと光っている。夜間のテント場では重宝するだろう
VL27 組み立て
入り口を閉じた状態でも換気ができる。しかもよくある円形ではなく三角構造だから生地が落ちにくく扱いやすい!非常によく考えられている!
VL27 組み立て
ベンチレーター
VL27 組み立て
室内にこのような小物入れが2カ所ある
VL27 組み立て
張り綱をつかうと本体とフライシートの間にこのような広い前室ができる。ダブルウォールならではの特権だ!
VL27 組み立て
入口脇のココにもベンチレータがある
VL27 内部
銀マットも敷いて、使用時を想定してみた。2人用だけあって十分な居住スペースだ。
VL27 内部
足元側。こちらも余裕のスペース

 フライシートも難なく張れた。

 テント場で夜引っ掛けないように、張り綱か自在を蓄光式に取り換えようと思っていたら、自在がすでに蓄光仕様になっていた。これはよく考えられている!

 2人用を選んだので写真の通り十分な居住スペースが確保できている。これなら悪天候時の停滞などでも気分よく過ごせそうだ?

 ちなみに、1人用の幅90cmの場合だとどうなるか見てみよう。

VL27 内部
ピッケルのシャフト位置がちょうど90cm幅になる
VL27 内部
どうだろう。このスペースで耐えられるだろうか?

 上写真キャプションの通り、ピッケルのシャフトがちょうど1人用テント幅90cmだ。寝袋+30cmくらいだろうか?

 床面の写真だけ見ると、意外とスペースあると思うかもだが、実際にはテント内の立体空間は四角形でないのがポイントだ。この位置から側面が斜めに立ち上がるので、床面の面積とは全くイメージが異なるのだ。

 やはり1人用では窮屈だろう!

 尚、このプロモンテVLにも1人用「VL17」があるが、重さはわずか150gしか違わない。圧倒的な居住性の差を考えたら、絶対に「VL27」を選択した方がいいと思う。

最後に

 私は幸か不幸か物持ちが非常に良くて、、、今回のテントをはじめ、多くの登山用品が20年以上の年代物ばかりだ。写真に一部登場したKAJITAのピッケルにいたっては30年物で未だ現役だ。

 しかし、今回最新のテントを購入して、改めて性能の進化を身をもって実感してしまった。これから本格的に登山を再開するにあたって、いろいろと装備を新調した方がよさそうだという考えに変わっている。

 筋トレ目的なら好んで重い荷物を背負うのもアリだが、いくら私が日ごろから鍛えこんでいる筋肉おやじとはいえ、、、趣味の登山までわざわざ重い装備を好んで担ぐこともないだろう。

 プロモンテ「VL27」は「アリ」だと思う!

 是非購入の参考にしていただければうれしい!

 (数年後にテント場が「VL27」だらけになっら、それはそれでチト困るが・・・)

Yahooショッピングはこちら↓

プロモンテVL27
筋肉おやじ
筋肉おやじ

登山初心者でこれから趣味として定着するかわからない?って方は、最初は下記の道具レンタル屋を利用してみるのもいいかもしれない。面白そうだったら少しずつ購入していけばいいのだ↓

>>富士登山道具レンタル

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました