有孔ボードで無機質な壁に機能性とおしゃれ感を演出!

4.5
早期退職 ・転職 & 生活
有孔ボードは誰でもDIYで簡単に設置できる!
記事内に広告が含まれています。

 我が家のリビングには鍵などを掛けておくために、壁に石膏ボード用のピンを差し込んで、フック付きの壁掛けをつるしていた。だが、車・玄関・物置き・自転車等々・・・、カギやチョットした小物が増えてきて、フックが足らなくなってきた。

 このために、またピンを差し込んで別の壁掛けをつるすのは、見た目が乱雑でかっこ悪い。また、次々と壁に穴をあけるのも気が引ける。

 それならいっそのこと、有孔ボードを設置して、あえてカオス感を前面に出す方がいいのでは?という発想に至った。

 今回は有孔ボードで無機質な壁を、機能的かつおしゃれに変身させる簡単DIYを紹介する。

Yahooショッピングはこちら↓

有孔ボード3枚入り

有孔ボードのメリット

有孔ボードのメリット

  1. 自由度が高い
  2. 壁に傷をつけることなくフック位置を無限に変えることができる
  3. 簡単な施工で広範囲の面積をカバーすることができる
  4. おしゃれ(感じ方は人それぞれかも?)
  5. 安い

 有孔ボードの一番のメリットはその自由度の高さであろう。言うまでもなく穴だらけなので、フックさえあれば、どこでも手軽に小物を掛けることができるし、何度でも位置を変えることができる。いちいち専用ピンを石膏ボードに差し込む必要がないので、無駄に壁を傷つけることもない

 また、設置してみて思ったのだが、なかなかシックでおしゃれなのだ。シンプルで真っ白な壁もいいかもだが、この有孔ボードは無機質な壁にとてもいいアクセントになるのだ。

 今回3枚セット(60×90cm)を購入したので、リビング以外にも設置してみたのだが、そっちは趣味の登山用品等をつるしてみたりして、これはこれで見せる収納としてなかなか雰囲気が良いのだ。登山用品は使用後に通気性が良いところで保管すべきものなので、まさに一石二鳥である。

 デメリットは人によると思うが、ランダムなフックのカオス感が嫌いな人は合わないだろう。だが、取り外しも簡単なので、設置してイマイチだと思ったら取り外せばよいだけのことだ。

早速設置

 設置はとても簡単だ。説明書に沿って進めればよい。ただし、専用の止め具を別途購入する必要がある。今回は石膏ボード素材の壁に固定するので、石膏ボード用の止め具を購入した。

 この止め具は、ボード固定だけでなく、壁とボードの間に空間を確保し、フックをうまく引っ掛ける役目も果たしているので、必ず必要な材料だ。

注意
木造やコンクリート壁の場合、上とは異なる専用止め具が必要になるので、注意しよう

 では早速作業しよう。

有孔ボード設置
3枚セットで購入。リビングの雰囲気に合うタイプを選択した
有孔ボード設置
もとはこんな感じ。壁にピンを打ち込んでフック付き壁掛けをつるしていた。これ以上これを増やすのはイマイチだ!
有孔ボード止め具を設置する
正確に設置位置を測定して、石膏ボード用の専用止め具を打ち込んでいく

Point
石膏ボードにピンを差し込むときに、下に紹介するような専用ジグがあるととても簡単に作業を進めることができる。使ってみたらわかるのだが、このジグでピンを押し込むときのザクっという感触がまた気持ちいいのだ!

有孔ボード止め具を設置する
ピン打ち込み用の専用ジグがあると快適に打ち込むことができる。これはとても便利だ!
有孔ボード止め具を設置する
4カ所設置完了!
有孔ボード止め具を設置する
ボードを固定していく。この作業は誰かにボードを固定してもらった方が良い。ネジは最終的にはカバーで隠す
有孔ボード
4カ所固定完了!いい感じだ
有孔ボード
試しに掛けてみた。無限に掛けることができそうだ・・・

作業時の注意
ボードの上2カ所を固定する時だけは、誰かにボードを持ってもらった方が良いだろう

 作業は1枚当たり30分くらいで完了した。最初の位置・平行出しさえ慎重にやれば、ほぼ終わったようなものだ。

 フックも最初は数本で購入してみたが、すぐにいろいろな種類のものがほしくなるので、ネットで複数の種類がセットになっている商品をまとめて購入した方が便利だ!

 残りのボードも別の部屋に設置した。こっちは趣味の登山用品などをつるしてみた。

>>筋肉おやじの山登り‐これからはのんびりと・・・

有孔ボードを設置する前の壁
ココにも有効ボードを設置することにした
有孔ボードを設置
趣味の小物をつるしてみた。まだまだ掛けられそうだ

 いわゆる見せる収納ってやつだが、趣味の小物がこうやって見えていると、自分にとってはカオスどころか何となく安心感があって落ち着く。これは新しい発見だった。

まとめ

 今回は有効ボードを使ったDIYを紹介してみた。

 有孔ボードは、鍵など小物類をなくさないように集約することができる機能面に加えて、見た目にもおしゃれなアイテムあることがわかった。また、安価かつ簡単な作業で大面積を一気に施工できるのもいい。部屋に与えるインパクトも想像以上に大きい。

 これなら、適当な壁があれば床から天井まで一面に設置するのもありだと思う。

 皆さんも是非検討してみては!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました