日本人はパワーがない?そんなことは1mmも感じたことはない・・・

筋トレの極意
日本人がパワーがないというのは幻想にすぎない!
記事内に広告が含まれています。

 私がもの心ついた頃から日本人はパワーがないと聞かされ続けてきた

別ブログでも少しふれたが、私はこのフレーズが大嫌いだ。

>>中高年のための安全で効果的な筋トレ方法は?筋肉おやじのやり方

日本人はパワーがない?

 このフレーズほど50年以上もパワーで生きてきた(あ、パワーを意識し始めたのは小学低学年の頃だったので正確には45年弱か)私にとって腹立たしいことはない。

 おそらくこのブログを読んでくれている筋トレ愛好者人も同じ感情をもった同志がたくさんいるはずだ(いや、そうであってほしい)。

 つい最近まで

「筋トレでつけた筋肉は使えない」とか、

「使える筋肉は動きの中だけでしかつかない」

等の悪しき論調が平然とまかり通っていた。

 結果はどうだ。オリンピックの柔道が良い例だ。ことごとく負け始めた背中をつかまれて力で振り回され、せっかくの技術が活かせなくなった

 時がたち、今では柔道も筋トレを重視し始めた他のスポーツ界もこぞって専属トレーナーをつけて筋トレを重視する時代になった。

 結果は・・・まあ、昨今の日本スポーツ界の活躍を見れば言うまでもないだろう。

海外での経験

 サラリーマン時代に私は何度も海外出張に行っていた。海外ではある程度規模の大きなホテルにジムが完備されているのが普通であり、宿泊者はただで使えることが多かった。

 当然私はホテルに着くと、いの一番にジムの場所を聞きだし(多少の英語は話せる)、トレーニングをしたものだった。

 週末をはさむこともあり、そういう時はまさに筋トレ三昧だった。当然たくさんのワールドワイドな人にまじって。

 特に海外のビジネスマンはジム慣れしているような雰囲気だった。

 よく言われるように、仕事ができる人は身体的な自己管理もしっかりしているというのは、私のビジネス経験からもそうだと思う。ホテルのジムでトレーニングしている海外の人は、締まった体をしている人が多かった。

 ただ、あまりフリーウエイトを使っているような人はいなくて、マシンばっかりやっている印象だった。

 私はというと・・・当然ホテルの最高重量(と言っても私にとっては全く物足りなかったが)でガンガン振り回していた!

なのでよく海外の人に話しかけられた。

 おまえは何者だ?すごいね!と。時には写真やムービーも撮られた(何に使ったのかは?)。

 そう、筋肉は世界共通言語なのだ!

これが51歳の私だ。
海外ではこんな感じでプレゼンしていた。某国では日本人は眼鏡+ひ弱なイメージなのに、お前は本当に日本人か?と言われた。いつもつかみはばっちりだった。筋肉は世界共通言語だ!

まとめ

 日本人はパワーがないというのは大いなる幻想であり、間違いだ。

 パワーをつけるような筋トレをやってこなかったからだ。

 私の経験でも外国の人達にパワー負けしていると感じたことは一度もない(いや、1回だけとんでもない奴がいたかもしれない)。

 皆さんも自信をもって諸外国の方々とパワーでもわたりあってほしいと願う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました