単管パイプとネットを使ったDIYで畑の防風対策

マイナスからの庭づくり
高さ2mの防風ネットで畑の野菜を強風から守る!
記事内に広告が含まれています。

 我が家は地形の影響で頻繁に強風にさらされることは以前ブログで書いた。

 この強風は畑の作物にも深刻な影響をもたらした。

 ピーマン、トマト、キュウリなど、支柱は立てているものの、支柱ごと曲がるくらいの強風が吹き荒れる。

今回は、この強風を単管パイプとネットで和らげるための防風ネット製作DIYを紹介する。

DIY材料

 今回のDIYで使った材料は下記だ。

  • 単管パイプ(Φ19.1㎜×1820mm:5本)
  • エンドキャップ(Φ19.1㎜用:5個)
  • ネット(網目4㎜ 2m×5m)
  • ロープ(Φ5㎜×5m)
  • U字ボルト固定セット×5個
  • 結束バンド(15個)
  • コンクリートブロック1/2
  • 石(庭整備でゴロゴロでてきた大小の石を処分を兼ねて再利用)

 単管パイプ、エンドキャップは防風フェンス製作と同じものを使った。

製作‐単管パイプ固定

 まずは単管パイプを固定する方法をどうするか?である。

 防風フェンスの時のようにモルタルで固定するほどの強度は必要ないと思うので、後から簡単に除去できる下記の方法にした。

単管パイプの固定方法

  1. 50cmほどの穴を掘る×5カ所
  2. 1の穴にコンクリートブロックの穴の位置が単管パイプの位置に合うように縦向きに入れる
  3. 単管パイプをコンクリートブロックの穴に差し込む
  4. コンクリートブロックが埋まるくらいまで小石を詰め込む
  5. 大きな石を詰め込む
  6. 単管パイプを垂直に調整しながら最後は土を被せて踏み固める
  7. 単管パイプにエンドキャップと錆止めスプレーを塗って完成
5本の単管固定まで完了した状態
5本の単管を固定し、錆止めスプレー塗布まで完了した状態

ネット設置

 単管パイプとネットの接続方法をどうするか悩んだ。

 結果、まず各単管パイプの上部にU字ボルトを固定し、そこにロープ(緑)通し、このロープと網の中にあらかじめ入っているロープ(黒)を結束バンドでつなぐ方法にした。

 U字ボルトなら好きな高さで固定が可能だ。

単管パイプにU字ボルトを設置、ココに支持ロープの通し手固定する。
単管パイプにU字ボルトを設置、ココに支持ロープの通し手固定する。
結束バンドを使って固定していく。
結束バンドを使って固定していく。
単管パイプ以外の箇所は支持ロープに結束バンドで固定。
単管パイプ以外の箇所は支持ロープに結束バンドで固定。

完成&まとめ

 完成写真が下記だ。ネットの全長が4.5m程度で十分だったので、余った網は切断するのではなくて(安易に切断するとホツレてくる可能性がある)折り返して結束バンドで固定した。

2mの高さまで防風ネットを設置したので、畑の大部分をカバーできる
2mの高さまで防風ネットを設置したので、畑の大部分をカバーできる

 ネット設置により、強風が半分とまではいかないが、かなり和らいだ。

 設置後ひと冬越したが、不具合もないので、今回のDIYもうまくいったと思う。

 強風に悩まされている方は是非参考にしていただければ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました